脚を握る女性

湿気と気温が高くなる夏場になると、水虫の諸症状に悩まされる方が急増してきます。足裏や足の指周辺に頻繁に症状が出現する傾向が濃厚ですが、原因菌に応じた治療薬を選択することが速やかな患部の回復のための近道なのは間違いありません。いわゆる水虫の原因菌がカビの一種である真菌になります。カビには湿度と温度の両面でのコンディションが揃うことが繁殖の必須条件といえます。そこで治療においては、抗真菌薬を正しく選択することが重要です。

ケトコナゾールは真菌の発育を抑え阻止する

水虫の原因菌は白癬菌というカビの一種が角質層に感染することで発生する皮膚病の一種になります。別の表現で言えば、白癬菌による感染症というわけで、真菌が角質層から増殖を開始することが直接の発症原因になります。カビの一種であることから、身近な食品などに発生する種類と基本的に同様の性質を持っています。

水分が豊富で気温が高い環境では、盛んに増殖を繰り返し生息範囲を拡大していきます。ただし増殖にむいた環境だけでは増殖を繰り返すことは困難で、餌になる材料も豊富であることが真菌が増殖するために不可欠の条件の一つ。この点、角質層は一定のサイクルで世代交代を繰り返しており、角質そのものはたんぱく質で生成されているので、カビにとっての栄養供給源になります。

こういったコンディションを提供するのに、人体は格好の条件を提供することになります。毎年のように夏になると毎年のように水虫の症状に悩まされるのは高温多湿な環境と、盛んな発汗や蒸れやすくなるなどの生息環境の変化の恩恵を受けて増殖しやすくなるからです。痒みや水疱などの症状の改善のためには、乾燥と清潔を心掛けて白癬菌にとって増殖しがたい環境を整えるように心掛けることがポイントになります。しかしセルフケアで対処するには限界があるのも確かなので、適切な治療薬を選択し積極的に症状をコントロールする必要があるのです。

治療薬といっても痒みを抑えるなどの対症的な効果だけでは不十分で、原因菌の増殖を抑える抗真菌薬を選択することが必須です。効果も治療実績も豊富な抗真菌薬には、医薬品のニゾラールクリームがあります。ニゾラールクリームは有効成分にケトコナゾールを配合しているのが特徴。ケトコナゾールとはカビの細胞膜の生成を阻害する作用に優れています。

カビ類は細胞膜を正常に生成できないと、増殖することが困難になります。ケトコナゾールそのものは殺菌的に作用する効果を持っているわけではありませんが、増殖が出来ないまま古い角質と共に感染部位から伯楽していきます。角質の新旧の世代の細胞が新陳代謝で生まれ変わるサイクルをターンオーバーと呼んでいます。正常な皮膚細胞では6週間程度の間に古い角質は新たなものに入れ替わっていくことになるわけです。このターンオーバーの過程で増殖の止まった真菌は古い角質と共に排除されていくことになります。しかしながら、古い角質が落ちてしまうまでの間は、ターンオーバーとの兼ね合いもあって1-2ヶ月と相当の期間が必要です。そのためケトコナゾールを配合したニゾラールクリームで、治癒を目指すためには、痒みや水疱などの症状が消失してからでも、最低1-2ヶ月程度は塗布を継続する必要があるのです。

かなり改善したように見えても、自覚症状を出現させるほどのレベルの数に到達していないだけの話。ここで治療を中断すると、またぞろ白癬菌は増殖の勢いを盛り返し痒みや発赤・水疱などの症状は再び出現し再発を見ることになります。かなりきれいに変化したように見えても僅かでも症状が残っている場合はもちろん、患部がすっかりきれいになって症状が落ち着いても、ニゾラールクリームの使用を注意すれば再発するのは目に見えています。ケトコナゾールなど抗真菌薬を治療に活用するときのコツは、根気よく継続すること。季節的な夏が終わっても、治療期間はしっかり意識して、翌年に再発させないことが治癒させるための必須条件と言えます。

ケトコナゾールはクリームタイプで使い勝手がいい

水虫にはいろいろなバリエーションがあることが知られています。土踏まずや足の外側部や指の間に小さな水ぶくれができる小水疱型は、しばしば強い痒みを伴うというタイプ。痒みや発疹などの自覚症状に乏しい角質増殖タイプや爪白癬などのあります。爪白癬では爪の色合いや厚みに異常を来たし、かゆみが強いイメージの水虫には程遠い特徴を持っています。数あるバリエーションのなかでも特に日本で多いのは、趾間型になります。

趾間型は足の指の間の皮膚が白くふやけたり、ジクジク湿ったりして、しばしば皮がむけてきます。指の間に患部が発生することが多いのは、すき間の間隔そのものが狭く密着しがちで湿気がこもりやすく蒸れやすいことと餌になるゴミなどがたまりやすいことが指摘されています。一般的な靴下では一体型なので、指の間が密着した状態になることも趾間型の発症例が多いことに関係しているということが出来ます。

ところで水虫の治療薬には、患部の状態に応じて治療効果を高めることが出来るように、幾つかのバリエーションがあります。リキッド型は抗真菌成分を液体に溶け込ませたタイプで、容器の先端がノズル状に加工されており、正確に塗布することが可能です。しかし保存料にアルコールを使用していることが多いので、趾間型のように患部がふやけてキズになったり皮がむける状態では沁みることがあります。

スプレー剤やエアゾール剤のように抗真菌成分を液体にまとめて、ガスを充填して噴射するタイプは広範囲の患部にケアすることに役立ちますが、指の間のように入り組んだ部位の患部の治療はあまり得意ではありません。これに引き換えクリームタイプでは、抗真菌成分を半固形状にまとめ上げているので適量を指先にとることでどんな部位にもフィットします。必要量を指の間などの狭く微細な動作が必要とされる部位でも適切なケアを実践出来ます。患部周辺にも塗りこむことで、周辺の角質に入り込んだ白癬菌にも効果的なケアを可能にしてくれます。医薬品ニゾラールクリームは、有効成分のケトコナゾールをクリーム仕様を採用することで効果的な水虫治療を実現しています。

ニゾラールクリームは特に多い趾間型にも効果を発揮し、1~2週間の塗布で症状の軽減が可能です。ただし一時的な改善にとどまらず、治癒まで視野にいれるときには、症状が軽減しても安易に自己判断で使用を中止しないのがポイント。ニゾラールクリームは医薬品なので、病院やクリニックなどの医療機関で処方箋をもらって入手するのが原則です。処方の際には治療のスケジュールなどの指示もあるはずなので、治療の必要がないと専門家の判断を仰ぐまでは治療を継続することを心掛けましょう。

ニゾラールクリームに配合されているケトコナゾールは、承認されてから豊富な治療実績に優れており、副作用が少なく安全性も確認された抗真菌薬になります。使用するときには風呂上りなどの患部も清潔で皮膚が柔らかくなっている状態で、塗布することで有効成分が深く浸透し、効果的なケアを実践出来ます。効果的で正しい使い方を意識することが、安全に水虫治療に取り組むことにおいて重要です。

これは治療効果を得るのはもちろん、副作用に遭遇することを回避するためにも必要な姿勢です。正しい使い方をしても発赤や刺激症状などの副作用が出たときは、すぐに使用を中止し薬剤師などに相談することに留意しましょう。